記憶に残るパン、お届けします。

菱田ベーカリーは、高知県宿毛市にあるパンメーカーです。昭和26年に創業し、地域と共に今日まで歩んできました。

わたしたちのパンは、「記憶に残るパン」です。どこか懐かしくて、いつ食べてもおいしかった思い出が蘇ってくるような、そんなパンです。

素材と製法にこだわって、安心・安全でおいしいパンを毎日作っています。

宿毛のまちは、菱田ベーカリーの代表作「羊羹ぱん」を食べたことがある人も多いことでしょう。子どもの頃に食べたことがある人もない人も、ぜひ味わってみてください。

菱田ベーカリーの歴史を読む

会社案内

  • 称号
    有限会社菱田ベーカリー
  • 本店
    高知県宿毛市和田340番外地1
  • 創業
    昭和26年
  • 資本金
    600万円
  • 代表者
    代表取締役 菱田征夫
  • 製造能力
    コッペパン:1日30,000個
    食パン:1日6,000欣

沿革

  • 昭和26年
    菱田喜久治により高知県宿毛市片島で創業
  • 昭和36年
    合資会社菱田ベーカリーに社名変更
  • 昭和44年
    高知県幡多郡三原村の学校給食を委託製造開始
  • 昭和54年
    工場を高知県宿毛市高砂に移設して有限会社菱田ベーカリーに社名変更
  • 昭和58年
    高知県学校給食の指定工場として宿毛市学校給食を委託製造
  • 平成14年
    工場が拡大により宿毛市和田に移転